FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.10

硫化水素自殺


マスコミの責任は此処にある

ましたが、硫化水素自殺の波及段階は、 第一段階(発端):自殺願望者がネット情報で硫化水素自殺法を知って実行 第二段階(流布):これをマスコミが日本中に報道 第三段階(浸透):他の自殺者がマスコミ報道に触発されて硫化水素自殺を選択し

マスコミの責任は何処へ

ませんが、硫化水素自殺法の蔓延による巻き添え被害の減少はまだ可能です。そのためには硫化水素自殺がいかにセンセーショナルで読者の関心を呼ぼうとも、これを周知させない「社会の決意」が必要です。センセーショナルに報道すれば、報道するほど自殺願望者は硫化水素自殺を実行し

硫化水素テロ?

性も視野に入れ捜査を始めた。硫化水素の悪用は、相次ぐ自殺や母親の殺人未遂事件に続き、“無差別テロ"未遂まで拡大した可能性も出てきた。(中略) 周囲に自殺を図ったような状況もなく、硫化水素自殺でしばしば見られる注意書きの張り紙など

硫化水素自殺、やめて…全国の防止センターが

硫化水素自殺、やめて…全国の防止センターが相談電話増設 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 家族や近隣の人が二次被害に遭うケースも後を絶たない。総務省消防庁では、硫化水素が疑われる臭気を感じた場合は、風上や、排気口から遠い場所などに避難

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://reut141.blog122.fc2.com/tb.php/1173-ba78992e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。